本文へ移動

法人理念

運営理念

 
一葉会のこころ(法人の歌)
「ひとひらの葉っぱも落としはせぬと、大樹を仰ぎ枝々守る。優しく強い心を胸に、歩きに歩いて歩きぬく、おお一葉会、一葉会ここに在り。」歌詞にあやかり、大きな樹木に育つ一枚一枚の大切な葉(福祉サービスを求めている人々)を見落とす事のないように大地となるべく優しく強い心を持ち、利用者一人一人の人権・安心・健康を第一に施設サービスの提供に努める。
 
 
『人は組織をつくり、組織は人をつくる』
 をテーマとして掲げ職員の人材育成を考える。組織の中の個人の重要性、個人が及ぼす組織への影響等を常に念頭において、サービス提供する事を周知させ、より質の高い組織の構築をめざす。

運営方針

 「地域に育ちしっかり根差す福祉の大樹に笑顔の花をさかせよう」をスローガンに各事業所が連携し、利用者・家族・地域の抱える諸問題を解決できるよう、情報交換を行う。
 利用者の視点に立ち、サービスの質の向上及び、事業の透明性の確保や介護予防、障害者の生活支援等を積極的に支援する。
 地域住民と相互に協力しながら、福祉サービスを必要とする住民が地域福祉の一員としてあらゆる活動に参加する機会が与えられるよう、地域福祉の推進と関連するサービスとの連携を図り、職員一人一人が責任を持って、各事業を行う。また、施設間でのリスクマネジメントの強化に努め、事故の再発防止に努める。
 新会計基準での体制となり、今までの経理体制の再確認を行い、移行後のスムーズな会計を行えるよう管理に努める。
TOPへ戻る